救急看護

スポンサーリンク
敗血症

急性期DIC(播種性血管内凝固症)スコアリングシステムの理解と活用

急性期DIC(播種性血管内凝固症)は、血液の凝固システムが異常に活性化し、全身の小血管内で微小血栓が形成される病態を指します。これは出血や臓器不全を引き起こす可能性があり、迅速な診断と治療が必要です。そのため、急性期DICスコアリングシステ...
臨床推論

スピード診断! 臨床推論で患者さんをサポート

臨床推論ってなに? 皆さん、看護師が患者さんの状態をすばやくキャッチしてアクションを取るのを見たことありますか?それ、実は「臨床推論」というスーパーパワーなんです!💥 でも、具体的に「臨床推論」とは何なのでしょうか?看護師は、学び取った医学...
脳卒中

脳卒中をキャッチ!FAST & CPSSチェック法

こんにちは、看護師の皆様。脳卒中は急性期における早期発見と対応が患者の予後に大きく影響します。FASTとCPSSは、その早期発見のためのシンプルながら非常に効果的なスクリーニング方法です。本日は、これらの手法を詳しく解説します。 FAST:...
敗血症

風邪の次はSIRS?!体の警告信号をキャッチ!

SIRS(全身性炎症反応症候群)の詳細 炎症反応のメカニズム 炎症反応は、体が外部からの侵入者(細菌、ウイルスなど)やダメージに対して、自らを守るための反応として起こります。この反応は、白血球やサイトカインといった免疫細胞や物質が関与してい...
敗血症

qSOFAでキミも敗血症危機回避マスター!

感染症の進行は、その初期段階での適切な評価と介入が極めて重要です。中でも、敗血症は重篤な状態で、迅速な評価が求められる疾患の一つとして知られています。この記事では、感染の進行リスクを速やかに評価するためのツールであるqSOFAスコアについて...
応急処置

RICEマジック!怪我の初期対応を看護師パワーでサポート

R (Rest: 休息) 目的: さらなる損傷を防ぐため、患部を休める。 看護師としてのポイント 患者に安静にするようアドバイスする。ギプス等が必要な場合は、医師と連携し適切なサポートを提供する。 I (Ice: 冷やす) 目的: 血流を抑...
救急看護

気管挿管後のトラブルシューティング:「DOPE」の重要性

医療の現場、特に集中治療室や救命救急センターでは、気管挿管という処置が日常的に行われます。気管挿管は命を救う重要な処置の一つである一方で、その後の管理には様々なトラブルが潜んでいます。そこで、看護師が挿管後のトラブルシューティングに使用する...
救急看護

血液ガス分析とは?

血液ガス分析は、私たちの体の中でどのように酸素や二酸化炭素が取り込まれ、排出されているのかを知るための検査です。この検査によって、私たちの体の酸塩基のバランスや、酸素供給の状態を詳しく知ることができます。 主な基準値 PaO2(動脈血酸素分...
救急看護

🌟意識障害の原因を知ろう!🌈

意識障害は、さまざまな原因で起こることがあります。その原因を大きく分けると、「一次的脳障害」と「二次的脳障害」の2つに分けられます。それぞれの特徴と、意識障害の評価方法として知られる「AIUEOTIPS」、意識を評価するスケール(JCS,G...
スポンサーリンク