🌟意識障害の原因を知ろう!🌈

意識障害は、さまざまな原因で起こることがあります。その原因を大きく分けると、「一次的脳障害」と「二次的脳障害」の2つに分けられます。それぞれの特徴と、意識障害の評価方法として知られる「AIUEOTIPS」、意識を評価するスケール(JCS,GCS)について、わかりやすく解説していきますよ!✨


🌸一次的脳障害とは?

一次的脳障害は、直接的な脳の損傷が原因となる障害です。例えば、交通事故や転倒による頭部外傷、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害がこれに該当します。このタイプの障害は、脳そのもののダメージが直接的な原因となっています。

🌼二次的脳障害とは?

二次的脳障害は、一次的な脳の損傷の後に起こる、さまざまな合併症や状態の変化が原因となる障害です。脳のはれや、酸素や栄養の供給不足、脳内の圧力の上昇などがこれに該当します。一次的脳障害の後に続くことが多いので、早期の対応が大切です!


🎈AIUEOTIPSって何?🎉

AIUEOTIPSは、意識障害の原因検索するための便利なチェックリスト!それぞれの頭文字が、意識障害の原因を示しています。それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!

A (Alcohol): アルコール
アルコールの過剰摂取や中毒が意識障害の原因となることがあります。

I (Insulin)
インスリンの過剰や不足は、低血糖や高血糖を引き起こし、意識を低下させることがあります。

U (Uremia)
腎不全による尿毒症。体内の老廃物が排出されず、これが脳に影響を及ぼすことがあります。

E (Epilepsy)
てんかんの発作後、一時的に意識が低下することがあります。

O (Overdose)
薬物の過剰摂取。特に鎮静剤や鎮痛剤の過剰摂取は注意が必要です。

T (Trauma)
外傷。交通事故や転倒などによる頭部外傷が考えられます。

I (Infection)
感染症。髄膜炎や脳炎など、脳や中枢神経系に影響を及ぼす感染症が原因となることがあります。

P (Psychogenic)
心因性。ストレスや心的外傷後、一時的に意識が低下することがあります。

S (Stroke)
脳卒中。脳出血や脳梗塞など、脳の血流障害が意識障害の原因となることがあります。


以上、意識障害の原因とAIUEOTIPSについての解説でした!健康を守るためにも、これらの知識を持っておくと安心ですね🌟🌈

🌈意識をチェック!JCS, GCSって何?🎉

次に意識の評価方法として知られる「JCS」「GCS」「ECS」について、わかりやすく解説していきますよ!これらのスケールは、医療現場で意識の深度や障害の程度を評価するために使われています。それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!

🍀JCS (Japan Coma Scale)🍀

JCSは、日本で開発された意識障害の評価スケールで、患者の意識の深度を詳細に評価するためのツールとして使用されます。以下は、JCSの詳細な分類とその説明です。

JCS(Japan Coma Scale)

分類詳細分類説明
I刺激しないでも覚醒している状態
1点意識は大体清明だが、完全にはっきりしていない。
2点見当識障害があり、自分がなぜここにいるのか、ここはどこなのかが理解できていない。
3点自分の名前、生年月日が言えない。
II刺激すると覚醒するが刺激をやめると眠り込む状態
10点普通の呼びかけで容易に開眼する。
20点大きな声または体をゆさぶることにより開眼する。
30点痛み刺激を加えつつ呼びかけを繰り返すと、かろうじて開眼する。
III刺激をしても覚醒しない状態
100点痛み刺激に対し、払いのけるような動作をする。
200点痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる。
300点痛み刺激に反応しない。

この表は、意識障害の程度を評価するためのもので、点数が大きいほど意識障害が重いことを示します。

🌟GCS (Glasgow Coma Scale) 🌟

GCSは、世界的に広く使われている意識の評価スケールです。3つの項目(眼の反応、言葉の反応、運動の反応)を評価し、それぞれの点数を合計して意識の深度を判断します。

GCS(Glasgow Coma Scale)

項目点数詳細説明
E 開眼(Eye Opening)4点自発的に開眼
3点音声により開眼
2点痛みや刺激により開眼
1点開眼せず
V 言葉の応答(Best Verbal Response)5点見当識あり(現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握している)
4点会話混乱(会話は成立するが見当識が混乱)
3点言語混乱(発語はみられるが会話は成立しない)
2点理解不明の声を出す
1点発語せず
M 運動機能(Best Motor Response)6点命令に従う
5点痛みや刺激を感じる部分を認識して手足で払いのける
4点四肢屈曲反応、逃避(痛み刺激に対して四肢を引っ込める)
3点四肢屈曲反応、異常(痛み刺激に対して緩徐な屈曲運動)
2点四肢伸展反応(痛み刺激に対して緩徐な伸展運動)
1点まったく動かず

この表は、意識障害の程度を評価するためのもので、点数が低いほど意識障害が重いことを示します。

以上、意識の評価スケール「JCS」「GCS」についての解説でした!これらの知識を持っておくと、医療の現場でのコミュニケーションがスムーズになりますね🌈✨患者さんの安全を守るためにも、日々の学びを大切にしましょう!🎶🌟

タイトルとURLをコピーしました